ちょっと過去記事をリライト。

と、思ったら編集箇所が多すぎるので新記事にしました。

電通社員の自殺とかいろいろとありましたねぇ…社会の闇が深い。



ブラック企業という社会の闇。

 働くって、社会生活を送る上で必要不可欠なのは当たり前の話ですけど 当たり前だからこそ、きっちり考える必要があると思うわけですよ私。 

ブラックバイトだとかブラック企業ってワードをここ数年でほんとよく目にします。 
人間らしい生活ってなんだ?って話です。働きすぎて家庭が上手くいかず離婚した。とか、とても辛い話です。

 一生懸命に働いたのに不幸になった…辛い。それは辛すぎるでしょう。

私自身、カナダから帰国して大豆問屋で働いてましたけど、 日々の激務と重労働で家でほとんど動く事ができず夜は飯食ってシャワー浴びたら気絶するように寝る。という毎日でした。

嫁さんにはかなりの負担をかけてました。すんません。
泣いて「辞めてくれ」と言われた事もあります。ほんますんませんでした。

自殺する前に仕事辞めたら?って簡単に言ってしまうけど・・・

これね。「自殺するくらいなら仕事なんてすぐ辞めたらいいのに」

そう思うんですよ。今も思ってますよ私。

でも大豆問屋の頃は考える力すら失っていたんです。ほんとに。
朝から晩までの重労働と、シベリア帰りの帝国軍人(実話)による怒声でノイローゼになってましたマジで。

この激務は自分の将来のためになるのか?とか。
何のために働くのか?とか。

考える余裕が無いんですよ。心に余裕が無くなっていくんです。まともな精神状態じゃなくなる。

60トンて…いやもう。マジですよコレ。3~4人でやるんですよ午前中に。意味がわからん。
日付見てください。真夏です。そりゃ一日4合も米を食いますわ。

この記事書くのに過去ツイート検索してみましたけど、当時の私…よく生きてたなこりゃ。
2人で17トンってなんだこれは。ちなみにこれ、2時間くらいでやるんですよ。死ぬ。

そりゃこんな重労働を毎日やって、怒声を毎日浴びてたらノイローゼにもなりますよ。
思考停止しちゃいます。考える余裕をそぎ落とされる。

人間としての生活。

大正時代に宮本百合子がこんな事を言ってます。

仏国の「瑠璃の浜辺コート・ダジュール」にある辟寒地で、二万人を入れるカジノの中に、世界の遊民が、一杯の珈琲に安閑として居るのを見て、アリストートルと希臘文明に顕れた幸福主義の結果だと論じたという事は、私に重大な反省を与える。幸福主義というのは、何を意味するものなのか、人間の幸福とは、はたして、安閑と公債の利子で生活して行く事なのか。 
無題(二)宮本百合子

幸福主義とか堅苦しい話は抜きにしても、古来ニンゲンって狩りだとか農耕とかして生きてきたじゃないですか、目的は「食べる」という事ですよね。極端な話ですけど。

「寒さを凌ぐ衣服があって、健康に生活できる食料があり、安全な寝床がある。」

衣・食・住 がある程度のラインで確保されてたら生活は成り立ちます。

それ以上の事は付加価値なわけですよね?ネットや携帯、車やら趣向品やら。 
どこまで自分の生活に必要なのか、どう生きたいのか。 
考える事なく日々を過ごしていたら、あっと言うまに人生終了します。 

何のために働くのか。

お金のためだけに働いているなら、その環境は適切なのか?とか、考えた事ありますか?

生活に必要なものはお金だけじゃない…お金だけに焦点を絞った人生ってどうなんですかね。

・・・って言いつつも私は今後鳥取に移住して、しっかり稼いでいこうと思います。
必要な分はきっちり稼いで望むような人生を作って行きたいですよ。

お金は大事。

やりたい事するにはお金必要ですからね。
農業するにも、飲食業するにも、集落を元気にする活動するにも元手が必要ですから。

全身全霊で挑みます。めっちゃおもろいんですよ。自分の意思で行動できるって事が。誰に命令されてるわけでも無いですよ。

完全に私の主体性から発動する感情です。キモチイイー!

惰性で毎日を過ごしていないか。

明日死ぬかもしれないですよ。いやマジで。

たまたま道路でこけて事故に合うかもしれないし、 運転中に事故に巻き込まれるかもしれません。

せっかく生きてるんだから、生きてるウチに好きな事をしたい。おもしろい事したいし、笑いたいじゃないですか。
 
そこで考える必要はあると思うわけです、働き方については。
仕事って一生のうちでもかなりの時間を費やすわけです。そこ無駄にしたくない。

惰性で過ごすにはあまりにもったいない。 

「会社勤めは最低でも3年しろ。」とか、「転職ばかりする人はどこ行っても長続きしない。」
ってのは どうなんでしょうね?ほんとにそうなの?
もし、その会社がブラック企業、もしくは暗闇の深淵みたいなアビス企業だったら? 

わけわからんくらいの拘束時間。
毎日14時間以上も会社で働き詰めで残業代も無いとか、まともな精神状態でいられるわけがないですよ。

ほとんど寝てないじゃないですかそんなの。 
ちゃんと寝ないと健康な精神状態にはならないですよ。
思考停止しちゃいます。 そもそも思考停止したような人は仕事が出来る人じゃないでしょう。

そういうのを社畜って言うんじゃないですかね。


自発的にやりがいと意思を持って、能動的に働くぶんにはいいですよ。趣味とか遊びみたいなモンでしょそれは。

ただただ毎日を作業として過ごすだけ、生きてる事が作業になってませんか?
ご飯を食べるのも作業。風呂も作業。あとは仕事って作業。 これって楽しいのか知らん?生きてるって言えますかね?

いや私は無理ですよこんなの。生きる屍ですよリビングデッドですよ。
墓地のクリーチャーがただ動いてるようなものです。黒マナが発生しそう。

「否、ぼくはこれで良い。日本経済の礎となって桜と散るのだッ!」って人は英霊になれるんでしょう。

不満に思ってるなら、なんで会社辞めないの?


ブログサロンでお世話になってるヒキコモリズム井上さんの記事も貼っておきます。

「会社辞めたいです」って本気で思うなら明日辞めてこいよな

退職情弱になってない?

本気で辞めたいなら、行動すれば良い。勇気をもって自分の人生を生きてください。

まだ惰性で生きて消耗してるの?

行動は早い方がイイです。間違いない。

優秀な人って行動が早い。 

いつまでもダラダラと惰性で続けるより、そりゃーーっとスタートして …ん?

これはアカンなって思ったらスパーーーーっと止める。

ってサイクルが早い!

朝令暮改!

現状の変化を必要以上に恐れちゃダメじゃないですかね。

仕事を辞める事に文句を言われるとして、それがどうしたんですか?
その人はあなたのために何かしてくれるんですか?
そんな無責任な言葉はケツふく紙と同じですよ。

仕事を辞めて、次の仕事へ挑戦する。 
有限である時間を使うんですから しっかり考えて行動しないと自分の人生の時間がもったいないです。

私のまたとこない日はこうして暮らしてしまいましたんです。 
宮本百合子

また宮本百合子です。大正時代の日記の言葉です。

この日、この一日はまたと来ない一日です。

ただただ惰性で生きるにはもったいなさ過ぎる。 転職する。って事は悪いことじゃないです。 

転職サイトなんて沢山ありますやんか。色々見てみるとこんな仕事あったの?って自分に興味ある仕事あるかも知れないし。

たとえば私は鳥取の地域おこし協力隊に就任しますぞ。
各地で募集もしてますしたまにハロワとかでも募集してます。
ちょいと色々とリンク貼っておきますよ。

自分の生活/地方のこれから皆で見つめ直してみませんか?地域おこし協力隊員募集中

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

派遣求人・派遣会社を探すなら【マイナビ派遣】

フリーランスWebクリエイター大募集!【ギークスジョブ】

地元のお仕事探しなら・タウンワーク♪

石の上に三年座るのもいいけど思考停止して何にも考えず座ってたら無駄な努力になるかも知れませぬ。

あなたの人生は、何のためにある?