何処でやるか、ってより。

誰とやるか。ですよねほんとにね。

いくら仕組みがしっかりしてても気の合わない人たちの集団ってなんだかなー

私も色々な職場で沢山の消耗しきってる人たちを見てきましたけども、
陰口だとか足引っ張ったりだとか、なんてしょうもない。嗚呼しょうもない。

実際多いですよねぇそういうの。「職場ってどこいってもそう」って言うのは
そういう職場しか行った事無いからじゃないのか知らん?

じゃぁ自分でそういう職場を作るしかありますまい。クリエイトしよう、小規模でいいから。

素晴らしい人材が欲しいなら、待ってるだけじゃダメ
 
今回はほんとたまたまだったんですけどね。

高知嶺北のインターンシップで知り合った子と超絶意気投合しまして。

即断で一緒に仕事しようってなりました。なんて話が早いんだ。






のんびりしてちゃダメ。兵は神速を尊ぶって昔の中国の偉い人も言うてましたよ。

彼女は食への関心が非常に高くて、野菜の知識も豊富。
それでいて料理への探求心も高く観察力も鋭い。一度軽く言った事を自身で考えて自分の物として動ける。
一緒に料理をしていても、びっくりするくらいのホスピタリティを発揮してくれるんですよ。なんて優秀なんだろう。

農業も、飲食も色んな仕事を一緒にやっていきたいと思います。頼むぞ相棒。



老いも若きも学歴も関係ない
 
思い切りって大事ですよね。見切り発車できる人が良い。

あれこれと考えて行動しないよりよっぽど良い。
信号が赤の時に車に突っ込む事さえしなければ大丈夫でしょう。

それで失敗したなら、手痛い経験として泣いて笑えばいいと思いますよ。

私自身はもうほんと手痛い経験しまくっておりますけどね!


ドМな人生でもくじけませんぞあたくしは。

高知嶺北の半農半Xインターンシップの備忘録①

高知嶺北の半農半Xインターンシップの備忘録②