142


人生は有限なので、大切に時間を使わないともったいない。

わたしはそう思いますほんとにね。

両親の死で強く強くそう感じたんです。中二の頃にオヤジが死んで、24歳の頃におかんが死にました。
単純な事ですけど、強烈に印象付きましたよ。「人は死ぬんだなぁ」って事が。

肉親を亡くすインパクトはほんとに強烈なもので、価値観や人生観を揺すぶるのにこれ以上ないってくらいです。パワーパンチ!!



1・家庭に複雑な事情が無いなら親孝行はした方が良い。
 
お説教したわけじゃないですけどね。わたしの後悔の一つです。
もう少し、親と過ごす時間があればよかったなーと悔いてます。
もう戻らない時間ですからどうしようもないんですけどね。

親は大抵あなたより先に死にますよ。不幸にも不慮の事故とかに遭遇しない限りは。

人の家庭の事をごちゃごちゃ言うのは好きじゃないんですけどねー色んな事情がありますからねぇ。


まぁでもアレです。
特別問題なく両親が健在であなたも健康で、特に理由もなく遊ぶ時間や仕事が忙しいからとかで親と疎遠になってる。というなら少し考えてみてください。

たまには飯くらい一緒に食べるとか、 一緒に過ごす時間を作るって事を。
かと言って過剰なのは問題ですけどね。親の言いなりは別問題。


人は死にます。
 いつかは来ますから、絶対。断言できます。いいですか?親は死にますよ。絶対です。

死んだらもうその人とは会えません。



2・人生は有限だから惰性で過ごすのはもったいない。他人任せじゃなくて自分で選択し決断する。
 
人生はあなたのモノです。

他人のモノじゃありません。ましてや会社のモノではありません。

あなた人生はあなたのモノです 主人公です。




考えるのが面倒くさいとか、会社勤めに疲れて思考停止してる。って少しでも自覚してるなら
これも考え直した方が良いですよ。

先にも言いました通りですよ。人は死にますから。明日事故で死ぬかもしれない。
観光バス乗ってて死ぬかもしれない。 


やりたい事とか無いですか?
海外旅行してみたいとか、こういう仕事がしてみたいとか。自分でカフェとか開業したいとか。


やってみましょうよ。楽しいですよ。苦労も多いと思うけど。失敗するかもしれないけど。
いいじゃないですか、失敗してもやり直したらいいだけです。
1回失敗しただけで心折れるとか、そんな貧弱な事言ってる場合ですか。

生きてるんだから問題無いじゃないですか。何を恐れることがありますか。

死んだら何にも出来ないですよ。
死んで得れるものは、ストレス地獄からの解放とこれから先訪れるかもしれない幸福の放棄くらいです。


生きてるうちにやりたい事やらないと楽しい事経験しないと幸せにならないと・・・
人生の無駄使いです。せっかく生まれたのに、もったいない。

一年365日、52週間しかありません。

明日来ないかもしれない毎日を大切に使いましょ。
時間は有限です。知らぬ間に30代になり40代になります。

 ダラダラ過ごして30歳になったとか、イヤじゃないですか?それで良いなら何も言う事はありません。そっと閉じるボタンをポチってくださいまし。


幸せの概念は人それぞれですから、コレを言及しようとは思いませんけど

人生という資源を 有効活用しましょう。って言いたいんですよね。

やり直すのに遅い事なんてない!って言いたいけど、モノによりますよね。
体力使う事は若いときの方がいいですよ。年とってからだとしんどいですって単純に。

20代の体力溢れんばかりの頃に出来る事は沢山やって、色んな経験した方がいいです。
その経験を殺さないように、活かすのも自分の裁量。

あなたの人生を作れるのはあなただけです。ダラダラとした人生を作るのか、楽しく幸せな人生を作るのか選択するのあなたですよ。



3・やりたい事は全部やる。なのでワーホリにも行きましたし、地方移住だってします。



30歳ギリギリの時に夫婦でワーホリ行きましたけど、ほんと行って良かったです。
帰国資金も無い状態でカナダに行きましたけどね。

大丈夫ですよ。お金は稼げばいいだけです。案ずるより産むがやすし。

上のリンク先の記事にも書いてますけど、きっかけは嫁さんが行きたがってたから。以上。


仕事があるから、とかそんなの障害でも何でもない。期限のあるワーホリに行けるのは今しかない。答えは明白です。仕事は世の中沢山ある。だったら今しか出来ない事は今やるべきです。






何なら一回辞めて同じ会社に戻っても良いじゃないですか。

わたしは今、ワーホリ行く前にいた会社でバイトしてます。社員じゃないのは移住を控えている身の上ですからフレキシブルに動きたいんです。空き家探しとかありますしねー
交渉次第だと思いますよ。

「そんな無茶な事、認められない!」って頭の固い会社に縛られるのは真っ平御免です。

真っ平御免です。

大事なことなので、真っ平御免です。三回言いました。

カナダから帰国したら都会が窮屈で耐え難いので、鳥取の山奥に移住する計画を鋭意進行中です。


寒いけど凄く素敵なとこです。水道から奥大山の天然水が出てくるんですよー!


4・お金は大事なのは百も承知。でも時間の方がもっと大事。自分の時間を確保する。
 
Twitterでの会話でこの記事書こうと思いまして。




 
この一連の流れの元記事に、退職金があるから安易に会社は辞めちゃいけない。って内容があるですよ。
揚げ足とってdisろうって話じゃなないです。早合点はいけません。
 
言ってる事はわかりますとも。普通に就職して定年まで働いて、退職金をもらう。
何も悪い事は無いと思います。その人生が楽しいのなら。

わたしも「会社辞めろ辞めろ」って記事書いてますけどね、サラリーマンを批判してるワケじゃないです。わたしには出来ないってだけですよ。だってサラリーマン居なかったら今の社会成り立ちませんもの。

サラリーマンが中心じゃない社会ってどんなんでしょうね。まだ見ぬ世界は興味深いなー


 話を戻しますと、定年まで普通に働いてたら高確率で退職金もらえるから、「会社辞めて企業する」より安心だし安定してる。って事ですよね。


まぁ確かにカンタンに会社は潰れないかもしれません。けど潰れない保証もありません。
会社勤めって自由なさ過ぎじゃないですか?病院行くのも一苦労。会社によるけど具合悪くても休めなくて病院いけないとか。意味不明。

有給取得率少なすぎってニュースも最近やってましたね。休みたいときに休めない?なんで?
「社会人としての責任ガー」とか、え?ってなります。何ですかそれ。自己犠牲の精神!そんな無償の愛を発揮するとは何かの宗教の敬虔な教徒なんですか。

自己を押し殺して会社奉公する・・・社会のため?何のため?

退職金をもらうまでの何十年とありますよね。
その何十年と退職金のどちらに価値があるんでしょうか?


毎日の会社勤めで思考停止せず、自分のやりたい事を考え、実現できるでしょうか?
わたしの場合、極度の疲労で思考停止してました。何も考えられなかったです。なのでひでぇブラックな会社辞めちまいました。はい。


あ、今はこうしてブログも書けますし、好きな仕事をして楽しいです。
移住計画も順調に進んでます。家族との時間も確保できてます。好きなときに休み取れます。
この前は平日の夕方に嫁さんと柳家喬太郎さんの落語聞きに行ってました。いやー楽しかった。


「やりたい事をする時間、家族との時間」は後悔しないように確保できていますか?



最後に。

わたしはおかんが死ぬ前、医者に「もう山場です。あと何日もつか」って言われたので
問答無用で会社休みました。一応ちゃんと言いましたよ。会社には「母が死にそうなんで休みます。」って。

結果その後すぐに死んでしまったんですけどね。もうちょい早いうちに時間取ってれば良かったなーと思います。もう母は居ません。話す事も出来ない。嫁さんの顔見せてあげたかったなー

オヤジは中二の頃に死にましたから一緒に酒を飲む事が出来ませんした。
謎の多いオヤジだったので、色々と聞きたい事あったのに。死んだら聞けません。

IMG_0045
(今は無き阪神パークにて)

がん保険は入っておいた方が良いですよ。治療費半端ないから。




生命活動の連鎖の中「お金」のためにその二度と戻らない時間を犠牲にする。って行為はバカバカしいとすら思います。


お金はただのツールじゃないですか。あなたの二度と戻らない時間と等価なんですか?

「やりたい事、家族との時間」と等価の交換が成り立つんですかね?


覆水は盆に返りません。今、この一瞬間も返りません。ダラダラ2chまとめとか見て過ごしたその一日は二度と戻ってはきません。


さて、どう生きましょうか。