先月末に鳥取県江府町の副町長(今は退役して次の活動をしてます)からご招待いただきまして
江府町行ってきました。


人が人を呼ぶ

白石前副町長のブログのタイトルでもあります。

人の心からの言葉のみ、人の心を動かせる。ってゲーテも言ってましたね。

地方移住云々って話で問題視される田舎での人付き合いとか・・・もちろんいずれ問題も出てくるでしょう。
そんな事気にしてたら何も行動できないですからね。

気にして無いです。問題が起きてから対応します。


そこにどういう人が居るか、これは最大事です。


・情熱溢れる観光協会の同い年の青年。

・やる気満々の若き協力隊の先人たち。

・柔軟な思考をもった町役場の課長や副町長。


そこの背景には、とてつもない大自然。


最高のロケーションです。おもしろい人が沢山です。これはイイ。サイコー!




地方移住。地域おこし、まつづくり

白石前副町長のブログで記事にしていただきました。

以下引用

年度末、しかも江府町を退職という節目の年の最後の週末が、ものすごく充実したものになった。
メインは京都からご夫婦で、わざわざ江府町まで会いに来てくださった松本さんとの出会い。
土曜日に役場に来ていただいたのだが、いきなり町内で火災が発生、という異常事態での面談。
当初担当者を交えて行う予定が、しばらく私だけとのフリートークタイムとなった。
その日の夜は、江府町の地域おこし協力隊員3名も参加しての懇親会。
会場はもちろん、松本さんとファーストコンタクトして、その心を動かした遠藤さんが仕切る「爆音茶屋」。料理と酒と音楽と熱い話で夜は更けていく。
次の日も松本さんと地域の代表者との面談。
たまたまこの日は、ひな祭りコレクションのスタートの日で、「天の蛍」の波留役の安里さんの町歩きとか、和菓子職人石原さんの「桜餅」実演とか、地域の人が作る「大山おこわ」や「ぜんざい」などの食も堪能。
ラストは、下蚊屋の荒神神楽の鑑賞と、盛りだくさんな内容になった。
再び、松本さんご夫妻と江府町で一緒にまちづくりができれば、これ以上の幸せはない。
キーワードは「人」
「人が人を呼ぶ」ことが実証されるのだから。

楽しみすぎる・・・!

まさかこうした形で私が「まちづくり」という大事業に関われるとは考えても無かったですよ。


 
地域おこし協力隊採用決定

地域おこし協力隊の募集してたんですよね。
私がこれからやりたい事とかなり内容が合致する仕事内容がありまして。

農事組合法人宮市

ここの協力隊での採用が決まりました。

まずは将から。って事で、代表理事と理事と副町長、まつづくり推進課課長とで面談。

この山奥の里山で、こうした年長者たちと話してて感じた印象。

「なんという柔軟な発想…」いやー田舎って頭カタイ人ばかりじゃないですよ。

その場で採用を決めていただきました。


農業の「の」の字も知らない私が、ここで先人たちから長年の経験で得た知識や技をお金をもらいながら教授してもらえる。3年も。

なんという恵まれたプログラム。
この協力隊での活動をベースに、百姓として様々な仕事を作っていこう。

こりゃ楽しみすぎます。5月に田植えがあるので、行ってきます。秋は収穫あるので、そんときも行ってきます。



実際に移住するのはまだ先の話なんですけどね。

来年の春かなぁ。


空き家も確保!

なんか寺みたいにデカイ建物・・・協力隊の期間中は家賃全額補助。

オオウ!

しかも畑付き。


畑ッッ!!でたなぁ。これは理想的。

自分たちで食べるものを作ってれば、食費なんてほとんどかかりますまい。

光回線もありますよ。これは必須ですけどね。ネット回線ないのはつらい。


オシャレ晴耕雨読な生き方をやっていくぞ。楽しみすぎるぞ。



最後に

白石前副町長とはTwitterでやりとりをしてたんですよ。
SNSって便利だなぁほんと。

何でもそうなんですけど、行動しないとダメですよね。始まらないもの。何も。


はあちゅうさんもあちこちで言ってますけど、真理ですよ。
行動しないと、妄想でしかない。



こうして自分たちが楽しい、ワクワクする生き方を作っていく。って

最高に楽しい人生ですよね。もう楽しいですよ我々。

大変ですけどね!!「おもしろい」が打ち勝つ!