IMG_1472

長年乗ってるベスパはマフラーが詰まったりプラグがへたれてきたりで、いくらキックしてもエンジンがかからないときがありますよね。

私のPX200FL2の場合コレで対応してます。

押し掛けとか、無限にキックしまくる・・・とかじゃもうしんどすぎてツライ・・・

そんなときはもうコレです。

ちなみに私のベスパはバッテリーすっからかんです。なのでセルモーターには期待してません。

セル使うと楽ですけどね。バッテリー上がってて、キックしか出来ないよ!って人のために記しておきます。

IMG_1197


とりあえずプラグを交換する。予備プラグをローテーションで使いまわす。
 
ベスパはプラグ交換するのに横のカバーを外さないとダメですけど、そんな手間じゃないのでササッとプラグを交換しちゃうのが良いですね。

私は予備プラグを3本くらい常備しておいて、なにか具合が悪くなったらすぐに交換してます。

使ってるのはコレ。プラグは安いものなので とりあえず常備。備えあれば患いなし。

安定のNGK。スパーク!!
イリジウムプラグとかじゃなくてもこうした安いプラグをこまめに交換して、常に新しくしてる方が良い気がします。実感として。

スポンサーリンク 



アクセルを全開に固定して、キックしまくる。

ベスパは2stですからキックするときにアクセル回すとガソリンでプラグ濡れてしまうようです。

なので原則としてスタートするときはアクセル回したらダメです。

プラグを新しくしてもエンジンかからないときは、アクセルを全開に回して、そこでキープします。
そのまま全力のキックを何度かやってみてください。


アクセル全開固定だと、何度もアクセルを回すよりガソリンも出ませんし、内部が乾燥しやすいようです。

白煙とともにあっさりエンジンかかります。私のベスパの場合はコレでOKです。


住環境によってはアイドリングしにくい場合がありますけど、早めに大通りとかに出て
しっかり上まで回してみましょう。

白煙がブワーーーっと出まくると思います。不完全燃焼してた分の煙を出し切ってあげてください。 
これしとかないと、マフラーが詰まって掃除だけじゃどうしようも無くなってしまう。




私のベスパはクラシックタイプで最後のモデルなので比較的新しい車種ですけど
50ccのヴィンテージシリーズなんかはいかんせん古い乗り物ですからね。

色々なトラブルと付き合っていかないといけませんな。ちゃんとメンテナンスしてあげよう・・・ 



急なパンクなどでも、タイヤ交換も簡単に出来るのがベスパの良さ。スペアタイヤもたまにはチェックしておきましょう。